認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

認知症の方が買い物で起こりやすいトラブルの事例・支援方法を解説

2021年8月3日

認知症の方は、記憶の混乱から上手に買い物ができず、家族が困ってしまう事例が多くあります。
本人に悪気はなく、認知症の症状で買い物のトラブルが発生すると理解はしていても、家族は何度伝えても変わらない状況に、疲れてしまうのも無理はないのかもしれません。買い物の課題について、家族はどのように対処すればよいのでしょうか。
本記事では、認知症の方が買い物で起こりやすいトラブルの事例、家族が支援する方法を解説します。

認知症の方が買い物で起こりやすいトラブルの事例

認知症の方は症状の程度が異なるため、本人が買い物に行きたがる場合もあります。
ただ、認知症の方がひとりで買い物をすると、トラブルを生むこともあるので注意が必要です。
実際に、認知症の方が買い物で起こりやすいトラブルの事例を見ていきましょう。

生活に必要ないものを通販などで購入する

認知症の症状から、日常生活の買い物で「必要なものか、必要でないものか」を判断する能力が鈍ってしまうことがあります。
よくあるパターンとしては、家族から見ると不必要な通販商品の購入を繰り返してしまうことや、家族が知らない間に訪問販売やセールスの電話で商品を購入することがあげられるでしょう。
家族が一緒に住んでいる場合、すぐにクーリング・オフ制度を利用して返品するようにします。
ほかにも、通信販売の会社に電話して事情を説明することや、固定電話の迷惑防止機能を使い、不必要な買い物を避けられるように対処してみてください。

同じものを何度も購入する

認知症の症状で記憶を引き出すことが難しくなるので、スーパーで同じ食材を買い込んでしまう事例があげられます。
途中で買い物の内容を忘れてしまい、自分の判断で必要だと感じられる物を購入した結果、同じ食材が冷蔵庫に並んでしまうトラブルが起こるのです。
認知症の方がひとり暮らしの場合、遠方に住む家族が気づかないまま、賞味期限が切れた食材をため込む心配もあるでしょう。
本人に悪気はなく「必要だ」と思う商品を購入しているだけなので、家族が注意しても指摘されたことに不快感を示す場合もあるため、本人の行動を否定しないことが大切です。

認知症の家族をサポートする買い物の支援方法

認知症の症状から買い物でのトラブルを起こさないためにも、認知症の方を抱える家族が買い物を支援する方法を見ていきましょう。

一緒に買い物に同行して見守る

できる範囲で構いませんので、認知症の方と一緒に住んでいる場合は、家族がつき添って買い物をサポートしましょう。
食材の買い出しで同じものをカゴに入れているときは「○○よりも△△の野菜が安いね」と、別の食材に目を向けさせる方法も有効です。
家族がサポート役として見守りながら買い物をすることで、本人の脳や体の感覚を刺激できるため、運動不足や認知機能の低下を予防する取り組みにもつながります。

よく訪れるお店には事情を話して協力してもらう

認知症の方を抱える家族が遠方に住んでいるときや、家族が買い物に同行できないときは、本人が訪れやすい周辺の店舗に事情を説明してサポートを得る方法もあります。
認知症の症状から、お金を支払わずに物を自宅に持ち帰ることもあるので、事前に説明することで、本人が買い物でトラブルを起こしたときも、店側が事情を把握して理解を得やすくなるでしょう。

地域包括支援センターに相談する

認知症の症状から買い物のトラブルが起こり、家族がどのように対応するのがよいか悩むときは、お近くの地域包括支援センターを活用してみてください。
医療や介護の専門職員がいるので、認知症の買い物でトラブルを起こさない対策、家族の介護に関する悩み相談、介護の支援制度を紹介してくれます。
認知症の方が買い物から詐欺の被害に合わないための助言を始め、買い物の代行を実施してくれるサービスの紹介や相談にも乗ってくれるでしょう。
地域包括支援センターの利用も気軽な気持ちでご検討ください。

まとめ

認知症の方が買い物で起こりやすいトラブルの事例、家族が支援する方法を解説してきました。
生活に必要のないものを通販や訪問販売などで購入したり、同じものを何度も購入したりすることは、認知症の方が買い物でありがちなトラブルの事例です。
家族ができる支援方法には、一緒に買い物に同行して見守ることや周辺店舗に事情を話して協力してもらうことがあげられます。
地域包括支援センターで介護の専門家に話を聞いてもらう方法もあるので、家族だけでなく周辺の人たちに協力をあおぐ姿勢が重要です。
認知症の方と一緒に住んでいる場合、家族の役に立とうとして買い物に出かけることもあるので、本人の行動を否定せずに見守るように心がけてみてください。

*参考資料
よくある「困りごと」への対応がわかる 認知症になった家族との暮らしかた(3章 p72~p75、p80~p81)

01
認知症の基礎知識
認知症の種類や症状などの情報をまとめています。
02
認知症かなと思ったら?
ご自身や家族が認知症かもしれないと思ったときに見ておきたい情報をまとめています。
03
認知症だと分かったら?
介護保険や認知症の方への接し方などの情報をまとめています。
04
認知症の予防・備え
認知症の予防法や事前に備えておきたいことなどの情報をまとめています。