認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

チンゲン菜のカレースープ(汁物)

2021年6月20日

栄養価(1人前あたり)

エネルギー 75kcal
たんぱく質 2.0g
脂質 6.2g
炭水化物 4.0g
塩分 0.9g

材料(2人前あたり)

チンゲン菜 1株(約100g)
にんじん 1/3本(約30g)
ベーコン 1枚(20g)
小さじ1(4g)
☆カレー粉 大さじ1/2(3g)
☆固形ブイヨン 1/2個(3g)
☆水 150cc

作り方

  1. チンゲン菜はざく切り、ベーコンは拍子切りにする。
    チンゲン菜は軸と葉を分けておく。

  2. にんじんは皮を剥いて細切りにする。
  3. 鍋に油を入れて熱し、チンゲン菜の軸とにんじんを炒める。
    しんなりしたら、☆を加える。

  4. 煮立ったら、チンゲン菜の葉、ベーコンを加えて弱火で5分煮る。

ポイント・ミニコラム

  • チンゲン菜にはβカロテンが含まれています。βカロテンは、老化の原因となる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つため、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症を予防する効果が期待できます。
    βカロテンは脂溶性ビタミンのため、油と一緒に摂ることで吸収率がアップします。
  • 具沢山にすることで、汁の量を減らすことができ、また、カレー粉を入れることで風味でしっかり味がつくため、減塩ができます。辛いものが苦手な方はカレー粉の量をお好みで調整しましょう。玉ねぎを入れると、食材の甘さが出て、食べやすくなります。
作成:認定NPO法人 健康ラボステーション 管理栄養士 大原 奈緒

神戸女子大学卒業後、2019年 4 月に認定 NPO 法人健康ラボステーションへ入社。管理栄養士・フードスペシャリストの資格を所持。現在、介護食アドバイザーの資格取得のため、勉強中。
FacebookやInstagramなどのSNSを中心にレシピや健康コラムの情報を発信。食育、災害食・介護食についても今後情報を発信していきたいと検討中。

認知症について

01
認知症の基礎知識
認知症の種類や症状などの情報をまとめています。
02
認知症かなと思ったら?
ご自身や家族が認知症かもしれないと思ったときに見ておきたい情報をまとめています。
03
認知症だと分かったら?
介護保険や認知症の方への接し方などの情報をまとめています。
04
認知症の予防・備え
認知症の予防法や事前に備えておきたいことなどの情報をまとめています。