認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

ひじきと玉ねぎの味噌マヨ和え(副菜)

2021年4月11日

栄養価(1人前あたり)

エネルギー 74kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 4.9g
炭水化物 7.8g
塩分 0.5g

材料(2人前あたり)

ひじき 60g(乾燥で10g)
玉ねぎ 1/2個(100g)
マヨネーズ 大さじ1(12g)
味噌 小さじ1(6g)
小さじ1(5g)
みりん 小さじ1(6g)

作り方

  1. ひじきは、乾燥の場合は水で戻しておく。
    鍋に湯を沸かし、ひじきを5分ほど茹でる。
    ざるにとって流水で冷まし、手でぎゅっと強く絞る。
  2. 玉ねぎは、薄くスライスする。
    塩(分量外)でもみ、少ししんなりしたらしっかり洗い流して、ぎゅっと絞る。
    辛い場合は少し水にさらしておく。
    ※新玉ねぎを使う場合はスライスしてそのままでもかまいません。

    >

  3. ☆を大き目のボウルでよく混ぜ、①、②と和える。

ポイント・ミニコラム

  • ひじきやわかめなどの海藻類には、フコキサンチンという赤橙色の色素成分が含まれています。フコキサンチンは、体脂肪を減らす作用や血糖値を下げる効果が期待されています。
  • 玉ねぎに含まれるシクロアリインという成分は、肝臓内の脂質を血中に送る酵素の働きを妨げ、血中のコレステロール値や中性脂肪を抑える働きがあります。動脈硬化などを予防するため、脳血管性認知症の予防効果も期待できます。
作成:認定NPO法人 健康ラボステーション 管理栄養士 樋口 遥香

大手前栄養学院専門学校卒業後、2016年4月に認定NPO法人健康ラボステーションへ入社。管理栄養士・介護食コーディネーターの資格を所持。
健康を維持し、病気を防ぐ意識をつけていただくために、栄養相談や健康維持に関連するセミナーを実施。またレシピの考案や健康コラムを提供している。健康ラボステーションのFacebookでは、過去にカフェで働いていた経験をもとに、コーヒーやカフェインに関する健康効果をコラムにして更新中。

01
認知症の基礎知識
認知症の種類や症状などの情報をまとめています。
02
認知症かなと思ったら?
ご自身や家族が認知症かもしれないと思ったときに見ておきたい情報をまとめています。
03
認知症だと分かったら?
介護保険や認知症の方への接し方などの情報をまとめています。
04
認知症の予防・備え
認知症の予防法や事前に備えておきたいことなどの情報をまとめています。