認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

牛ひき肉とにらの牛乳スープ(汁物)

2021年1月31日

栄養価(1人前あたり)

エネルギー 140kcal
たんぱく質 7.5g
脂質 8.1g
炭水化物 9.0g
塩分 0.8g

材料(2人前あたり)

牛ひき肉 40g
にら 1/2束(40g)
人参 1/8本(20g)
玉ねぎ 小1/4個(40g)
牛乳 1カップ(200cc)
2/3カップ(150cc)
☆顆粒中華だし 小さじ1(3g)
☆こしょう 少々

作り方

  1. にらを4㎝ほどの大きさに切る。
  2. 人参は皮を剥き、細切りにする。
  3. 玉ねぎは薄切りにする。
  4. 鍋にひき肉を入れて炒め、色が変わってきたら、にら・人参・玉ねぎを入れる。(※ひき肉の油で炒める。鍋に肉が引っ付く場合は、分量外の油をひく。)
  5. にらがしんなりしてきたら、水と☆を入れ、弱火で5分加熱する。
  6. ⑤に牛乳を加え、沸騰したら火を止める。

ポイント・ミニコラム

  • 牛肉は、たんぱく質やミネラルが豊富で、筋力を維持し足腰を丈夫に保つには重要な食材です。また、鉄分が豚肉より豊富で、貧血予防にも有効です。特に鉄分が多い部位は、ヒレやももです。
  • にらのにおい成分であるアリシンは、ビタミンB1の吸収を助け、糖の代謝を円滑にすると言われています。疲労回復効果やスタミナ強化以外にも、特有の刺激的な匂いで胃酸の分泌を促し、消化をサポートします。
作成:認定NPO法人 健康ラボステーション 管理栄養士 大原 奈緒

神戸女子大学卒業後、2019年 4 月に認定 NPO 法人健康ラボステーションへ入社。管理栄養士・フードスペシャリストの資格を所持。現在、介護食アドバイザーの資格取得のため、勉強中。
FacebookやInstagramなどのSNSを中心にレシピや健康コラムの情報を発信。食育、災害食・介護食についても今後情報を発信していきたいと検討中。