認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

酢でさっぱり!鮭と野菜の南蛮漬け(主菜)

2020年9月8日
酢でさっぱり!鮭と野菜の南蛮漬け

栄養価(1人前あたり)

エネルギー 287kcal
たんぱく質 15.2g
脂質 15.2g
炭水化物 19.9g
塩分 1.4g

材料(2人前あたり)

鮭の切り身(皮なし) 2切れ
少々
こしょう 少々
片栗粉 大さじ2
玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/2個
大さじ1
ねぎ お好みで
★レモン スライス2枚
★酢 60ml
★濃口しょうゆ 小さじ2
★砂糖 大さじ1
★顆粒和風だし 小さじ1/3
★水 100ml

作り方

  1. 鮭に塩(分量外)を軽く振り、水分が出たら水気と塩を拭き取る。
  2. レモンを厚めにスライスし、さらにいちょう切りにする。
  3. ★を鍋に入れて沸騰させ、バットに移して粗熱をとる。
    (バットが無い場合は、ボウルなど具材が入る容器で代用)
  4. 玉ねぎは薄切り、パプリカは細切りにする。
  5. 鮭を一口大に切り、塩こしょうを振り、表面に片栗粉をまぶす。
  6. フライパンで油を熱し、⑤を中火で焼く。
    全体がきつね色になったら、③の中に入れる。
  7. フライパンをキッチンペーパーで軽く拭き、④を入れて炒める。
    しんなりしたら②に入れ、粗熱をとる。
  8. 皿に盛り、お好みで小口切りにしたねぎを乗せる。

ポイント・ミニコラム

  • AGEs(最終糖化産物)という物質が体に蓄積すると、認知症になるリスクが上がると言われています。酢やレモンに含まれるクエン酸や、鮭に含まれるアスタキサンチンは、AGEsの蓄積を抑える働きがあると言われています。
  • 酢は疲労回復や食欲増進効果があると言われています。

レシピ協力:認定NPO法人 健康ラボステーション