認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

なすとしその南蛮(副菜)

2021年6月6日

栄養価(1人前あたり)

エネルギー 45kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 2.1g
炭水化物 7.0g
塩分 0.4g

材料(2人前あたり)

なす 2本(200g)
しそ 4枚(2g)
小さじ1(4g)
☆砂糖 小さじ1(3g)
☆醤油 小さじ1(6g)
☆酢 小さじ1(5g)

作り方

  1. なすは、ヘタを切り落とし、縦に薄切りにする。
  2. しそは茎を切り落とし、みじん切りにする。
  3. ☆としそを混ぜ合わせておく。
  4. フライパンで油を熱し、なすをしんなりするまで炒める。
  5. なすを③に入れて絡める。

ポイント・ミニコラム

  • なすの皮にはポリフェノールの一種であるナスニンが豊富に含まれています。ナスニンには抗酸化作用があるため、動脈硬化や老化の予防になると言われています。
  • しその香り成分であるぺリルアルデヒドには、強い殺菌力があるため、食中毒を防ぐ効果があると言われています。そのため、しそはこれから暑くなってくる時期にぴったりの食材です。
作成:認定NPO法人 健康ラボステーション 管理栄養士 大原 奈緒

神戸女子大学卒業後、2019年 4 月に認定 NPO 法人健康ラボステーションへ入社。管理栄養士・フードスペシャリストの資格を所持。現在、介護食アドバイザーの資格取得のため、勉強中。
FacebookやInstagramなどのSNSを中心にレシピや健康コラムの情報を発信。食育、災害食・介護食についても今後情報を発信していきたいと検討中。

コメントを残す

CAPTCHA