認知症を理解し、共に暮らすための情報サイト

カリフラワースープ(汁物)

2020年12月6日

栄養価(1人前あたり)

エネルギー 152kcal
たんぱく質 7.6g
脂質 9.8g
炭水化物 9.3g
塩分 1.0g

材料(2人前あたり)

カリフラワー 1/2個(約150g)
ベーコン 2枚
コンソメ 1/2個
牛乳 200ml
200ml
こしょう お好みで

作り方

  1. カリフラワーは葉や茎の固い部分を取り、小房に切り、熱湯でゆでる。
  2. ゆでたカリフラワーは牛乳と一緒にミキサーにかける。
  3. ベーコンは1㎝幅に切る。
  4. 鍋を火にかけ、ベーコンを入れて炒める。
    軽く火が通ったら、水、コンソメを入れる。

  5. ②を入れ、お好みでこしょうを入れ、沸騰するまで煮込む。

ポイント・ミニコラム

  • 冬が旬のカリフラワーには、ビタミンCが多く含まれており、特に茎に多く含まれています。葉や茎の固いところ以外は極力食べるようにしましょう。
    また、加熱してもビタミンCが壊れにくいので、加熱して食べることをお勧めします。
    さらに、カリフラワーにはMATS(メチルアリルトリスルフィド)と呼ばれるイオウ化合物など、抗ガン機能成分も含まれています。
  • ミキサーが無い場合は、一口大に切り、カリフラワーを具としてミルクスープにいれても美味しいです。
作成:認定NPO法人 健康ラボステーション 管理栄養士 樋口 遥香

大手前栄養学院専門学校卒業後、2016年4月に認定NPO法人健康ラボステーションへ入社。管理栄養士・介護食コーディネーターの資格を所持。
健康を維持し、病気を防ぐ意識をつけていただくために、栄養相談や健康維持に関連するセミナーを実施。またレシピの考案や健康コラムを提供している。健康ラボステーションのFacebookでは、過去にカフェで働いていた経験をもとに、コーヒーやカフェインに関する健康効果をコラムにして更新中。